ヴィンテージカ―に取り憑かれる人は、物の価値の希少性を重視する人です。

他人から、それを見れば何の価値もないと言われるものでも、
その物の価値を見い出します。

ヴィンテージカ―に取り憑かれる人は、
普通の人とは異なる着目点があると考えられ、
潔癖で、細かな部分に気が付くという特徴があるようです。

そういえば取り憑かれるといえば、悪霊などがイメージされますが、
その悪霊から守ってくれるといわれている、かなえやの護符が人気あるそうです。
さらにかなえやには仕事、受験など勉学、人間関係、恋愛、金運、
その他様々な願い事を叶えてくれる護符があるそうです。

ヴィンテージカ―オーナーには、
購入当時からその車両を乗り続け維持している人もおられれば、
中古車としてそれを購入し、自分なりにカスタマイズする人などがおられますが、
いずれにしても車両の維持にお金がかかります。

もう一つの特徴としてそれらの車両の維持費が
捻出できるだけの収入が得られているオーナーであると言えます。

自動車の趣味は、自己満足の世界で、オーナーのみが所有し、
満足するものですが、他人とは違うということや、
他に存在しない価値観、自分のみの世界観など、
豊かな想像力を持っている人が多いでしょう。

自動車はどんどんと進化し、自動ブレーキや自動運転などの技術が発達する中で、
ヴィンテージカ―のオーナーは古き良き時代の、
その当時のアナログ技術が現代のデジタル技術を超越することを知り、
その技術力や当時のシルエットに魅了されているのです。

ヴィンテージカ―は基本的に製造年月日が古く、
年式が低年式であることから、高く購入したヴィンテージカ―であっても
自動車保険ではそれほど価値がみられないこともあります。

車両保険を契約する場合、
車両の価値を年式やグレードから相場として割り出し、
その車のその年度の価値を評価し損失を負った場合に補償として支払われます。

しかし、40年前のモデルで、レストアや全塗装などが施されていたとして、
その改造費として借りに300万円がかけられていても、
おそらく300万円以上の価値は見出されないでしょう。

それどころか、思わぬ低い価値として評価されることもあるでしょう。

とくに、自動車保険は、損害保険の中でも利用状況が高く、
保障費も比較的高くなりがちで、相手と自分の両方の補償が入るため、
非常に厳しい見方がされます。

しかも、安全性が経年で劣ると言われる耐久消費財であることから、
お金を掛けたヴィンテージカ―であっても新車に比べれば補償内容が低くなります。

特別に設定されたヴィンテージカ―用の自動車保険もあります。
補償対象として、安全性が担保される整備がされており、
不法改造でないことや、製造年月日からある一定の期間が経過しているなど
特別な要素を備えていることです。

もちろん通常の自動車保険と比較すると値段が変わってきますが、
万が一のことを考えて、ここは特別なヴィンテージカー用の保険に入るのもいいかもしれません。

保険費用が賄えないときにも、即日借入できるところもありますので、
利用できるところは大いに利用しましょう。

それでももしも事故を起こしてしまった時のことを考えると、
安い出費だったと思えるのかもしれませんからね。

これに加入することで、十分な補償がされるはずです。

ヴィンテージカ―の維持は非常に大変です。
それでもその魅力に取り憑かれる人は多いですよね。
世の男性たちのステイタスともいえるんじゃないでしょうか。

女性からするとなぜその魅力にハマるのか不思議なものもあります。
実際に旦那に購入を相談されるとなると、喧嘩になってしまうかもしれません(笑)
家計のやりくりをしている主婦からすれば、とんでもなく大きな買い物ですからね。

どうしても出費が多い時期は専業主婦でもOKのカードローンはここ!というようなサイトで、
家計を維持している主婦の身にもなってほしいものです。

ヴィンテージカ―と一口に言っても様々なものがあり、
現在の技術で昔のシルエットを復元して再現されたレプリカや
数十年前に生産されて現存の車両をそのまま修繕して乗り継ぐ人や、
走行不能となった車両をレストアや全塗装して現代に蘇らせるなど様々な方法があります。

いずれにしてもヴィンテージカ―にかかる維持費は高く、
例えば、生産後数十年かけて乗り続ける場合、
経年劣化が進み不具合個所を直し続ける必要があります。

また、部品製造が終了していれば、別注部品を使用するため、費用は大きくなります。

レストアを施してある車両の場合、
当時のボディー構造が現代の出力等に耐えるような改良がされてなくてはいけないため、
定期的なメンテナンスの維持費として掛かるでしょう。

レプリカの車両は復元車として新車販売されることから高年式であれば
メンテナンス費用は一般的な車両と同様でしょうが、
購入時に付加価値が付いているため、購入時に高額となることがあります。

いずれにしても流通台数の少ない車両の維持費は
多い車両に比べて高くなることは間違いありません。

ただ、コンディションが良い車はそれなりに高く流通していることから、
売却の際に高く売れることも多いでしょう。

ヴィンテージカ―の相場は曖昧なもので、
欲しいという人が高くても買うと言えば売買が成り立つ世界です。

希少価値がもっとも重視されるヴィンテージカ―には
通常の中古車のように相場が無く、市場も違います。

ヴィンテージカ―は製造年が古い低年式車が多く、
同じ車両で現存のものが少なく、部品製造も終了しているような車が多いでしょう。
このような車は、市場に出回ることなく、希少価値が高いため、
マニアには非常に貴重な車両となります。

希少車であることが、販売価格を吊り上げるため、
本来の価値を超えて値段が付くこともあります。
ただ、このようなヴィンテージカ―は通常の買取店に出せば、
低い価値としてみられることも多いです。

その理由として、販売において得意ではないことがあるでしょう。
買取った車の多くはオークションにて売却しますが、
評価ポイントが低くなる傾向があるため、
オークションでそれほど高く転売できないため、価格が低くなるのです。

ヴィンテージカ―専門に取り扱いを行う専門店の場合、
転売ルートを確保しているため、高値で転売するノウハウを持っているため、
市場が拓けていますので買取もされなりに高い査定額が付く傾向が見られます。

ちなみに、ヴィンテージカ―を手に入れるため
キャッシングに手を出している人もいるそうです。
http://xn--68jubn22c4a5c3276bmeycjzglq2b.com/には
なんと審査が殆ど無いと驚きの業者が紹介されています。

ヴィンテージは、ワインなどが優良であること
あるいは古いというような意味に使われますが、
ヴィンテージカ―も同様に古い優良な車のことをいいます。

古い車は、クラシックカーとも呼ばれることもあります。
この呼び方は使われる意味が広く、
概ね25年以上前に製造された車に適用されるのに対して、
ヴィンテージカ―の意味するところは、
例えば欧米では1919年から1930年の間に製造された
車に限定していたりしますので、
国によってヴィンテージカ―の言葉の定義は異なっています。

vintage.jpg


日本の場合には、ヴィンテージカ―といいますと、
概ね1970年代以前に製造されていた国産車
あるいは輸入車を指していることが多いようです。

中でも1960年代から1970年代かけて製造された国産車や
一部の輸入車は流通している台数も多く、
価格も手頃ですから手に入れやすいでしょう。

このように古い車は、そのままでは使えないことも多いですから、
レストア(再整備)に購入代金の何倍もかかることも珍しくなく、
それに費やす時間も短くありません。

もちろん希少価値の高いものなので、
ヴィンテージカーそのものの値段も安いものではありません。

そうなるとお金を工面する必要がでてくるわけですが、
お金を借りることができるかどうか、というのも審査がはいってくることになります。

不安がある方はこのようなサイトを参考にしてみると良いでしょう。
主婦が即日キャッシングするためのサイト

大変な思いをしても、レストアの済んだヴィンテージカ―を運転するということは、
それを成し遂げた人にしかわからない喜びがありますし、
現代の車にはないノスタルジーも感じられ、満足度はこのうえないものといえるでしょう。